CakePHPディレクトリ構成

CakePHP3.xフォルダ構成

Pocket

CakePHP3.xはフォルダの構成も2系から大きく変えている。特に注意すべきはCakePHPの本体ソースの場所とModelの構成が大きく変わった。

第1階層

  • bin: バッチのためのcake実行ファイル
  • config: 各種設定ファイル
  • logs: ログファイル。tmp以下ではなくなった。
  • plugins
  • src: 自分のMVCソース
  • tests: PhpUnitテストソースとFixtureデータ
  • tmp: cache等
  • vendor: cakephp本体ソースやその他の外部ライブラリ
  • webroot: ウェブルート

appフォルダは無くなり代わりにsrcフォルダに自分のソースを置く事になった。特徴としては今までappフォルダ以下第2階層にあったconfig, tmp, logs, tests, vendor, webroot が全て第1階層に置かれた。また、外部ベンダーと内部ベンダーの為に分けられていた2つのvendorフォルダがここに踏襲され1つになった。

第2階層

src/配下のフォルダ構成

  • Console
  • Controller
  • Model
  • Shell
  • Template
  • View

tmpやlogs, webrootなどが第1階層に移動した事でMVCの要素がより見やすくなった。また、viewはTemplateとViewに分けられ、今までViewフォルダに入っていたソースはTemplate内に移動となった。Viewは主にHelper等の利用に用いられる。

第3階層 – Model内

  • Behavior
  • Entity
  • Table

今までModelクラスとして扱われた殆どの処理はTableクラス内で扱われるようになった。Tableクラスだけを使って今までのModelの要にして処理を書く事も可能だが、レコードに対応するEntityクラスを使う事でよりフレキシブルにコーディングが可能。

記事が役に立ったらぜひシェアをお願いします。

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *